大井川港  The PORT of OIGAWA
港の概要・マップ港の産業港の防災大井川港振興会周辺の自然交通アクセスリンク集お問合せ

 
港の概要・マップ
大井川港は、大井川河口の左岸を掘り込んで建設された、焼津市営の港湾です。
その源を南アルプス白根山に発し、160kmにもわたり豊かな水を駿河湾に注いできた大井川。
大井川が河口に運んできた砂利を国土建設のために都会に移送する港として、昭和39年に開港しました。

その後、東名高速道路や国道150号線バイパスの開通などで、大井川港はさまざまな産業の製品を扱う物流港として発展し、県内では県営の外国貿易港である清水港、田子浦港、御前崎港に次ぐ県内第4位(輸移出入貨物取扱量)の重要な港となりました。
また、大井川港は、自然環境のとても豊かな港としても注目されています。
大井川が育んできた豊かな自然が港周辺に色濃く残され、港の先端にある野鳥園もその一つ。
藤枝市在住の作家・小川国夫氏の小説の舞台もここにあります。
ページのトップへ
 
Copyright 2011 An AntiDisaster Promotion in The Port of Oigawa. All rights reserved.